特別顧問各氏からのメッセージ

「ジャポニスム振興会」設立によせて、特別顧問各氏からメッセージを頂戴しました。
下記、敬称略にて紹介させていただきます。

加賀 乙彦(作家・文化功労者)

日本語は世界一美しい言語だと思います。まずはその表記が漢字、ひらがな、カタカナをまぜて使うことによって美しい文章を作ることができます。古典から現代語まで日本の文章の美しさに触れて、私はこのごろ、つくづくとこの国に生まれてよかったと思っています。

高階 秀爾(東京大学名誉教授・大原美術館館長)

ジャポニスムは、単に日本の文化・芸術を紹介するだけのものではありません。芸術や文化には、長い歴史に培われた日本人の美意識、精神、思想が反映されています。ジャポニスムは、その日本の心を世界に伝える使者なのです。

中西 進(日本文学 比較文学者・文化勲章受賞)

日本とイズムを結合させたところに、単なる伝統の紹介や文化の輸出ではなく、「日本的なるもの」の普及を求める、新しい運動の意義を感じます。かつてヨーロッパを風靡したジャポニスムの第二波が、大きく豊かに、海外に向けて発信されることを願っています。

芳賀 徹(比較文学者・東京大学名誉教授)

いま二十一世紀の世界に向かって、日本列島でつちかわれてきた文化の豊かさ、深さ、高さを伝え、ひろめることは、世界にとっても、この日本にとっても、きわめて大切な仕事だ。遠い縄文、彌生また古事記、万葉集の時代から、古今集、源氏物語また能楽や茶の湯をへて、「徳川の平和」(パクト・トクガワーナ)のもとの民衆文化の百花繚乱、そして明治・大正時代の西洋文明との混血の美の発揮にいたるまで、この列島の住民たちはなんと活発に、ひたすらに、藝術による生活の豊かさを求めつづけてきたことか。連綿として途絶えることのないこの文化創造の活動は、日本敗戦の暗黒のなかからもやがて国民を救った。しかも日本藝術の長い歴史は、どこをとっても人間に普遍の美しさ、やさしさを宿している。これを積極的に東西世界に伝えることによって、グローバリゼーションに喘ぐ時代のなかに緑ゆたかな生命の大樹を植えつけ、はぐくんでゆこう。

山折 哲雄(宗教学者・国際日本文化研究センター名誉教授)

これまでの日本を静かにふり返る
脚下の大地に日本の芯を刻む
前方にひろがる世界に日本の未来を描く
そんな「ジャポニスム」の夜明けであってほしいと思います。